HOME > 修理・メンテナンス

修理・メンテナンス

ご相談・お問い合わせはこちら

小さな修理からマンション改修工事まで。わたしたちが迅速かつ丁寧に対応いたします。

ちょっとしたことでもお困りでしたら、今すぐご相談ください。

雨漏り・水漏れについて

雨漏り診断、止水工事、漏水工事等
雨漏・漏水修理は豊富な経験とプロの技術にお任せ下さい。
⇒ 詳しくはこちら

防水・塗装について

befor/after 屋上・屋根防水塗装、外壁塗装、光触媒塗装等
屋根の葺き替え、屋上防水から外壁塗装工事まで、老朽した建物を一新します。

内装について

befor/after クロスの貼替、畳の表替、フローリングの貼替、ふすまの貼替、カギの交換、障子・網戸の貼替等
クロスの貼替、網戸貼替等、お住まいの細かな工事もお任せ下さい。
迅速に対応いたします。

水廻りについて

befor/after キッチン、トイレ、浴室、洗面室等
水廻りは住宅の中でも老朽が特に気になるところです。
毎日使う場所だから、使い勝手にもこだわって、機能的でお手入れラクな水廻りプランをご提案します。

今がチャンス!!助成金&エコポイント 耐震補強工事&省エネ・バリアフリー

befor/after 耐震補強とは、耐震性の不足している既存の建物を補強することです。
壁の補強が一般的ですが、他にも建物基礎の補強や梁・土台・基礎といった躯体部分の結合部補強などがあります。
まずは、耐震診断で既存建物の構造的強度を調査し、耐震性がどの程度なのかをチェックします。

耐震改修助成制度について

補助金 各自治体で上限金額を決め、工事完了時に補助金を交付
⇒ 大田区耐震化助成制度
固定資産税の減免
⇒ 詳しくはこちら
条件 期限 減免額
  1. 耐震改修後の家屋の居住部分の割合が当該家屋の2分の1以上であること
  2. 耐震改修に要した費用の額が1戸あたり30万円以上であること
  3. 耐震基準に適合した工事であることの証明書を受けていること
平成27年12月31日までに改修工事完了 住宅1戸あたり120uの床面積相当分まで全額減免
所得税の控除 条件 その他の要件 期限 減免額
  1. 居住用家屋であること
  2. 一定の計画区域内にある昭和56年5月31日以前に建築された家屋であること
  1. 控除を受ける年の合計所得金額が3,000万円以下
  2. 確定申告をすること
平成25年12月31日までに居住 耐震改修費用の10%
(最大20万円)

雨漏り・水漏れはこちら ご相談・お問い合わせはこちら

ページトップへ